2010年04月02日

渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)

 東京・渋谷で2007年6月、従業員3人が死亡、通行人ら5人が重軽傷を負った温泉施設「SHIESPA(シエスパ)」の爆発事故で、東京地検は26日、設計・施工を担当した大手ゼネコン「大成建設」(新宿区)シニアエンジニアの角田宜彦容疑者(51)と、施設を運営していた「ユニマット不動産」(港区)取締役の菅原啓之容疑者(47)を、業務上過失致死傷罪で東京地裁に在宅起訴した。

免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分−鹿児島県警(時事通信)
九州西岸の副振動、小さく=沖縄は強風、高波注意−気象庁(時事通信)
水俣病不知火患者会、和解案受け入れ決定(読売新聞)
<普天間移設>北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討(毎日新聞)
板橋区役所で電話不通 交換機の故障か(産経新聞)
posted by イマゼキ チロウ at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

魁皇に総理大臣顕彰の授与決定 幕内通算勝利で歴代最多記録(産経新聞)

posted by イマゼキ チロウ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分(産経新聞)

 群馬県榛東村の女子少年院「榛名女子学園」は30日、セクハラ行為をしたとして、男性法務教官専門官(54)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。専門官は法務省東京矯正管区の調べに対し、行為を否認しているが、同日付で依願退職した。

 同園によると、専門官は平成20年5月から21年5月ごろにかけて同学園内で規律違反をした少女4人と面接した際、「キャバクラで働いていたらおれが客になるよ」「経験した人数が少ないから自信がないんだ」などと言い、言葉によるセクハラ行為をしたという。

 法務省が昨年5月、収容中の少女を対象に実施した不適正処遇に関するアンケートで発覚、東京矯正管区が調査していた。

 同園は女子専用の少年院で、現在は76人を収容している。斉藤峰(たかお)園長は「誠に遺憾で、二度と同じような事案を発生させないよう、指導を徹底したい」とコメントした。

【関連記事】
短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職
「下着の色は何色?」 東大がセクハラ准教授を諭旨解雇処分
宮崎公立大またセクハラ 過去2例の反省生かせず
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
「胸触っていいか」県警委託の委員、女性警察官にセクハラ

「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
首相、郵政改革法案は「来週火曜に結論」(産経新聞)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)
「進退考えていない」=鳩山首相(時事通信)
posted by イマゼキ チロウ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。