2010年05月20日

<口蹄疫>家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相(毎日新聞)

 原口一博総務相は18日、口蹄疫で殺処分された家畜の損失補償で、農家が負担することになる家畜の評価額の5分の1の経費について、宮崎県が肩代わりをする場合には、全額を特別交付税で措置する方針を明らかにした。国会内で記者団の質問に答えた。

 従来は、家畜伝染病予防法に基づき、殺処分された家畜の評価額の5分の4を国が補償し、残り5分の1は農家が負担することになっている。農家負担分を県が肩代わりした場合は、国は半額を特別交付税で措置することになっている。

 原口総務相は「農家は不安を抱え、出荷も競りも止まっている。2次、3次と(感染が)広がらないためにも判断した」と話した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
クローズアップ2010:終息見えない口蹄疫 「このままでは町壊滅」
口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官
口蹄疫とは

平野官房長官、徳之島住民と面会=普天間移設で理解求める(時事通信)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
<淫行容疑>保育士を逮捕  愛知県警(毎日新聞)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
posted by イマゼキ チロウ at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。